『氷の極(ぶどう味)』が美味しすぎる件

Kiwami

今まで食べたカップのかき氷の中で最も美味しく、感動のあまりメモ。

これまで、カップのかき氷の印象はどちらかというと「ガリッ」した食感のイメージだったのですが、この『氷の極』の食感は、「サクッ」「フワッ」といった感じ。

その口当たりはまるで新雪、または粉雪のようです。

「北海道・羊蹄山の湧水で造った サクサクかき氷」

というキャッチコピーが付けられているのですが、メーカーである京極製氷株式会社は、北海道の名水の里、羊蹄山麓の京極町で氷とミネラルウォーターを製造販売している会社。

羊蹄山により育まれた虻田郡京極町の「ふきだし湧水」は、環境省による「名水百選」にも選ばれているそうです。(「軟水」の部類に入るそうで、それとなく味もまろやかな気がします。)

今までカップのかき氷はレモン味を選びがちだったのですが、このスッキリとしたぶどう味はジトッと暑い夏に相性も良く、果汁が7%も入っているところも美味しさの秘訣でしょうか。

最後に、カップの横に記載のあったポエムをご紹介。

北海道産の名水を

手間ひま惜しまず丁寧に扱い

サクサクかき氷に仕上げました。

最初の一口から

すっとスプーンが入る氷と

きちんと果汁を使ったぶどうの

おいしさをお楽しみください。

今日はたまたまサンクスで出会ったのですが、他のコンビニなどでも広く置いてほしい気持ちでいっぱいです。

夏場には買い置きしておきたい逸品です。

>お仕事中の気分転換にこちらもどうぞ。

8月 10, 2013 | No Comments

おばけノートについて

Comments *click to open.

Leave a Reply